archive
INSTAGRAM FACEBOOK MAIL
参加エントリーフォーム
Close

開催概要

開催概要

2020年度 文化庁 大学における文化芸術推進事業AKIBI複合芸術プラクティス
「旅する地域考 alternative ~転調する地域」

  • AKIBI複合芸術プラクティス「旅する地域考」は、秋田を巡り歩く参加者の経験とアート領域の視点を重ねて社会を考察し、それぞれの「次なる旅」を企画提案する現地滞在型ワークショップ・プログラムです。

    過去に4回実施したプログラムでは、秋田県内の特定地域を拠点に旅してきましたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響で、自由な移動や他者との接触が困難な状況になりました。今年度はこの現状を踏まえ、今年度はオンラインを基本とし、受講生各自のフィールドワークを並行してプログラムを実施します。

  • 5回目を数える2020年度のテーマは「転調する地域」。
    これまでの価値観が大きく揺らぎつつある現在において「地域」「旅=移動」が意味するもの、表現との関係性、そして、ポストコロナの時代においてその捉え方がいかに変化するかを見据え、考察と議論を深めていきます。
    さまざまな分野の大学生、アーティスト、デザイナー、キュレーター、ジャーナリスト、研究者、そして地域振興や社会活動に興味を持つ方の参加をお待ちしています。

プログラムの特徴

  • 1.幾重もの「あいだ」を旅する

    「旅する地域考」では秋田県内地域を国内各地から集う受講生・国内外のゲスト講師と巡る集団の旅、新たな着想のありかを探る個人の旅を組み合わせ、集団と個人、ローカルとグローバルといった「あいだ」に敢えて身を置く機会を創出してきました。今回のプログラムでは、受講生それぞれの現場と参加メンバーの中で醸成される< on-line >上の《地域》を行き来する、「あいだ」の状況をつくり出します。

  • 2.自己の越境、見慣れた地域へのイミグレーション

    世界情勢のめまぐるしい変化は、《地域》を巡るコンテクストをも複雑に変えつつあります。その実像を捉えるために、それぞれの現場から得られる知見をもとに、メンバー同士で多様な眼差しを交わし、複合的に《地域》を考察します。これまでの認識が大きく揺らぐ、そんな機会をご提供します。

  • 3.手触りのある「もうひとつ」の旅

    「旅する地域考」の期間中に新たな企画の着想を得たり、活動候補地を見定めたりすることは必ずしもゴールではありません。自由な移動が憚られてもなおあり得る「もうひとつ」の旅を各自が試みることにより、手触りを持って未来を思考し、新たな視点を獲得する―その過程を重視します。当プログラムでは、受講生がこのような旅の記録や共有のあり方を存分に試行錯誤できるよう配慮します。

旅先
オンラインおよび各自の《地域》
形式
オンライン講義とフィールドワーク
定員
10名程度(応募者より選抜)
受講料
一般 12,000円 / 学生 7,000円
対象
大学生・大学院生(学部や専攻は問わない)、若手のアーティスト、キュレーター、
デザイナー、建築家、研究者、行政関係者、NPO従事者、メディア関係者など。
プログラムの全日程に参加できることが条件となります。
募集期間
<第1次募集> 2020年8月1日(土)~8月23日(日)24時必着
<第2次募集> 2020年8月24日(月)~8月30日(日)24時必着
※応募者多数の場合は、第2次募集を中止する場合がございます。
*応募の詳細については「募集要項」をご確認ください。
メンター
岩井成昭(アーティスト/秋田公立美術大学大学院教授)
岸 健太(建築家・アーバンスタディーズ/秋田公立美術大学大学院教授)
石山友美(映画監督/秋田公立美術大学准教授)
ゲストメンター
手塚夏子(ダンサー、振付家)
樋口直哉(作家、料理家)
三浦 展(社会デザイン研究者)
松川敦志(秋田魁新報 記者)
…and more!
スケジュール
オンラインプログラム 開講日
9月19日(土)、20日(日)、23日(水)、26日(土)、27日(日)、30日(水)
10月3日(土)、4日(日)、7日(水)、最終発表18日(日)

公開レクチャー 開講日
9月23日(水)17:00~21:00 松川敦志(秋田魁新報 記者)
9月30日(水)17:00~21:00 三浦 展(社会デザイン研究者)
10月7日(水)17:00~21:00 Coming soon…
水曜日の夜に開講する3回のレクチャーは、有料の公開レクチャーです。
事前にお申込みいただくと、どなたでもご参加いただけます。(1,000円/各回)

→お申し込みはこちらから Coming soon…
主催
秋田公立美術大学
お問い合わせ
合同会社みちひらき
TEL 018-802-0089
Mail tabisuru.akita@gmail.com
SNS
Facebook   @akibi.tabikou
instagram  @akibi_tabikou