旅する地域考 2019夏編 未知の日常から、新たな問いと発見を生み出す。

旅する地域考 2020冬編 未知の日常から、新たな問いと発見を生み出す。

旅に同行するメンバーの紹介

◎海外メンター

  • 原 万希子

    原 万希子 Makiko Haraインディペンデント・キューレーター
    秋田公立美術大学国際交流センター
    ディレクション・アドバイザー

    東京生まれ、カナダのバンクーバー在住。2007年にバンクーバーの国際現代アジアアートセンター、Centre Aのチーフキュレーター就任を機にカナダに移住、2013年に独立。多民族主義の移民大国で先住民政策も世界先端のカナダと日本の二つの文化の狭間に生きる移民としての立ち位置から、様々なアートのプロジェクトを立ち上げ文化を超えて現在の社会環境問題を共有し話し合えるできる場作りを推進している。近年手がけたプロジェクトには、シンディー望月個展「Rock Paper Scissors/石紙鋏」(日系博物館、バーナビー市、カナダ2017、米子市立美術館、鳥取県、2018)などがある。

  • リリ・リザ

    リリ・リザ Riri Riza映画監督

◎国内メンター

  • 岩井 成昭

    岩井 成昭 Shigeaki Iwaiアーティスト
    秋田公立美術大学院教授

    1990年代から都市の多文化環境をテーマに複合的なメディアによる視覚表現を展開。2000年代から、国内外の国際展やアーティスト・イン・レジデンスに多数参加。地域やコミュニティーの調査をもとに、ワークショップ、インスタレーション・映像・音響・テキスト・キュレーションなどを複合的に取入れた視覚表現を展開している。2010年から「イミグレーションミュージアム・東京」を始動させたほか、近年は、人口減少や移民受入におけるアートの役割について考察中。また秋田では「辺境芸術」を標榜し、アート・プロジェクトを実践してきた。

  • 岸 健太

    岸 健太 Kenta Kishi建築家、アーバンスタディーズ
    秋田公立美術大学大学院 複合芸術研究科 教授

    1969年東京生まれ。東京藝術大学美術学部建築科を卒業後、Cranbrook Academy of Art (ミシガン・米国) 修了。シンガポールの複数の教育機関で実験的なデザインスタジオを指導した後、1999年より日本での活動を開始。2003年より、都市・建築・デザイン・アートの領域を横断する活動拠点として「LWL -Lab for the Wonder Landscape-」を主催している。近年は、インドネシア・スラバヤ市を対象に、新興都市の変化の過程に着目する調査と表現の活動に、現地市民や様々な専門家とともに取り組んでいる。スラバヤでの都市研究組織「OHS -Operations for Habitat Studies-」共同代表。

  • 石山 友美

    石山 友美 Tomomi Ishiyama映画監督
    秋田公立美術大学 景観デザイン専攻 助教

    1979年生まれ。日本女子大学家政学部住居学科卒業。磯崎新アトリエ勤務を経て、フルブライト奨学生として渡米。カリフォルニア大学バークレイ校大学院、ニューヨーク市立大学大学院で建築、芸術論、社会理論を学ぶ。ニューヨーク市立大学大学院都市デザイン学研究科修士課程修了。在米中に映画制作に興味を持つようになる。監督デビュー作『少女と夏の終わり』は第25回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門公式出品。 

  • 高嶺 格

    高嶺 格 Tadasu Takamine美術家、演出家
    秋田公立美術大学教授

◎現地講師(※確定次第更新)

◎ファシリテーター

  • 小熊 隆博

    小熊 隆博 Takahiro Ogumaギャラリーものかたり 主宰
    合同会社みちひらき代表表

    2008年より「ベネッセアートサイト直島」(香川) にて美術施設の運営管理に携わったのち秋田にUターン。2016年4月、合同会社みちひらきを設立。人口減少が進む地元・五城目町の築約100年の空き家を改修し、かつて訪問客に開かれた客間および土蔵をギャラリー「ものかたり」として公開。展覧会、ワークショップ、レクチャー等を開催するほか、書籍、アーティストグッズ、地元職人によるオーダー商品等を取扱う。

    ギャラリー「ものかたり」
    http://mono-katari.jp/

  • 柳澤 龍

    柳澤 龍 Ryu Yanagisawaプロジェクトデザイナー
    Share Village Project

    1986年生まれ、東京都出身。IT企業を経て2017年3月まで五城目町地域おこし協力隊で活動。村の概念をひっくり返すシェアビレッジプロジェクトの立ち上げや高齢社会をデザインするAkita Age Labの設立に参画。1次産業と伝統産業のコンサルティング、高校生と地域の未来を描くソーシャルラボ、秋田公立美術大学アートマネジメント育成プログラムの五城目プロジェクトのコーディネーターなどを担当。2017年より国際教養大学連携研究員。 一般社団法人ドチャベンジャーズ代表理事。

◎受講生(※確定次第更新)

◎運営/スタッフ

主催
秋田公立美術大学
企画・ディレクション
岩井成昭
岸健太
制作統括
岩井成昭
事務局
小熊隆博 (みちひらき LLC.)
柳澤 龍 (Share Village Project)
写真
船橋陽馬
デザイン
北原和規 (UMMM)
編集
竹内厚(Re:S)
千葉尚志(秋田経済新聞)
伊藤美生
2018アーカイブ
2019夏編アーカイブ
冬編 参加者募集中